網戸で涼むこの季節!防犯意識を高めよう!

皆さん、こんにちは!

梅雨の時期になり、湿気との戦いも始まりましたね!
さて、こんな時期はエアコンを入れるほどでもなく、窓を開ければ涼しいという日もあります。網戸のまま寝ていたりしませんか?

空き巣というと、家を留守にしている間に入る泥棒というイメージですが、実際は家人が家の中にいても侵入します。
家の中の人の生活パターンを把握し、どの時間帯にどの部屋に何時間いるといったデータを収集したのに、空き巣に入るのです。

通常であれば、サッシが閉まっており、鍵もかかっていますよね?

ところがこの時期は、網戸!
そう!カギなんてついていません!

一番危険な間取りといわれているのが、2階がリビングの間取りです。
玄関がある1階なのにだれも降りてこない時間帯が多く発生します。
また、寝室に貴重品を置いている人が多く、非常に狙われやすいのです。

夏は特に防犯意識が少なくなり、暑くて家中全開にしてしまう人がほとんどです。
挙句にちょっとそこのコンビニまでだから!といって、玄関だけの施錠をして出かけてしまうといった人も多くいます。

都会の人であれば防犯意識は強いのですが、ちょっとした田舎にいくと未だに玄関に鍵をかける習慣がない地域も存在します。
そういった習慣はしっかりと泥棒は把握しているため、ごっそりと被害にあってしまう可能性があるのです。

この時期はとても空き巣被害が増える時期といわれています。
網戸での外出はとても危険!

「ちょっとそこまで」でもしっかりと施錠しましょう。
また、豆知識ですが、網戸だと猫が開けてしまうことありませんか?
猫ちゃんと暮らしている方に耳寄り情報!

網戸のカギはホームセンターに売っています☆
是非チェックしてみてください♪