1年に1回は点検を!家庭用消火器の点検について

皆さん、こんにちわ プレアホームの古橋です

冬は火を扱う場合が増え、どうしても火災が多くなってしまう時期です。
そんな火災に備え、現在の住宅では火災警報器の設置が義務付けられるようになりました。以前はそういった義務がなかったため、そういった器具は自主的に設置を求められているのが現状です。

しかし、なかなかそういった自主的な行動を促すというのは非常に難しいようで、火災警報器を設置していないという住宅も多いようです。

さて、意識していなくても現在の新築住宅やマンションでは必ずこういった設備が設置されています。
マンションなどの集合住宅の場合は、こういった機器の点検は全体的に行われているところが多いのですが戸建て住宅の場合は自分で点検をしなければいけません。

住宅を引渡しされた際に、そういった機器の説明もあったはずですが山のような説明を受けていることが多いためほとんどの人が忘れています。
ですので、住宅機器設備の点検というのは、様々ありますのでこれを機会にぜひ直してみませんか?

鍵引渡しの際に沢山渡された説明書の中に必ずありますが、わからない場合は建築した住宅メーカーに問い合わせてみましょう。
火災警報器もメーカーによって点検方法などが異なりますので、必ず説明書をご覧ください。

尚、異常が見つかった場合は早期対処をお勧めいたします。平屋でも火災に巻き込まれてしまう要因は、煙です。就寝中に火災が発生しても気づかないことが多く、目が覚めた時には火に囲まれ煙で息ができずに動けないといった状況になるそうです。自宅用に消火器などを設置している場合も、使用期限がありますので年に1度点検をして見ましょう!