船橋注文住宅:地震に強い家のススメ[其の一]

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

2011年3月11日に起きた東北地方の太平洋沿岸地域を中心に、多大な被害をもたらした東日本大震災により、みなさんの地震対策についての関心が、より一層高まっています。
多くの地盤プレートが集中している地震大国日本。現在、新築戸建においては、耐震等級という基準で、強度を表しており、耐震等級1を基準に、その1.25倍の強度を等
級2、また1.5倍を等級3といいます。この耐震等級3においては震度6〜7レベルでは倒壊の恐れは無いとされています。新築戸建を購入または注文の際には、そこはどれほどの耐震強度があるのか把握している事も、いざという時に後悔しない要素の一つではないでしょうか?
パナソニックビルダーズである弊社プレアホームでは、本来木造戸建てでは行わない構造検査を実施し、木と鉄を組み合わせたパナソニックテクノストラクチャー工法で耐震等級3を標準仕様としております。

「テクノストラクチャーって何?」という方は→こちらのページをどうぞ♪

大切なご家族が住む安心と安全な家づくりをプレアホームは応援します♪