目への優しさを考えた明るさへ

皆さん、こんにちわ プレアホームの古橋です

突然ですが、目の疲れに悩んでいませんか?

現代社会の問題として「目の酷使」について関心が高い問題として注目されており、様々なケア商品がヒットしています。
会社ではパソコンを一日中使用し、休憩中はスマートフォンで目を使い、食事中やリラックスタイムにはテレビを見る。

煌々とした明かりに目はさらされ続け、瞬きをほとんどしないという人が多くなり、ドライアイはもはや現代病といっても過言ではないでしょう。
布団に入って電気を消してもスマートフォンを暗闇の中見続けるといった人が、スマフォユーザーの中でも大半を占めているという結果もあるそうです。

そこまで目を酷使していると、実は様々なトラブルが発生する可能性があるそうです。

まず、暗い中でスマートフォンを使用することによって、不眠症などの睡眠障害になる可能性があるそうです。
ピカピカに明るい画面を見ることで睡眠へ導入するホルモンの分泌が抑えられ、眠たかったはずなのに目がさえてしまったという状況になります。
結果、そういった状態を繰り返すことで不眠症になってしまうのです。

更に、暗い中で受けるブルーライトは目に対する負担が大きくストレス増加や情緒不安定となり県境障害に対するリスクが非常に高まる傾向が強いといわれています。

「明るい間に活動する体は、段々暗くなることによって眠たくなりスッと睡眠へ入る」というサイクルで人の身体は眠ったり起きたりという行動をしています。
常に明るい光を浴びていることによって「休む」というサイクルがなくなってしまうため、体には様々な影響が発生してしまうのです。

もし、不眠症や眠たかったはずが夜になると眠れないなどの問題があるという自覚がある人が「間接照明」を取り入れてみませんか?

次回は、睡眠導入にオススメの間接照明についてお話いたします!