火災警報器は法律で義務付けられています!付けましたか?

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

平成16年6月に消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部が改正され、住宅用火災警報器の設置が義務化されました。現在、新築を建てる際には義務化されているため、意識しなくても必ず住宅用火災警報器が設置されています。どのような動きをするのかというのは、引渡し時に説明がありますが、集合住宅に住んだことがある場合は、点検などで点検員の方が警報機にパコッとコップのようなものを被せてチェックしている姿を見たことがあると思います。

実際に警報機が鳴ると、驚くほどけたたましい音とともに、赤い光と火事です!という声が鳴り響きます。
心臓が飛び出るほど大きな音でとてもびっくりしますが、寝ている間の火災などはこんなに火が回っているのに気づかなかったの?!というくらい、気づかないものなのです。

法律が改正されたのが平成16年のため、個人で設置しようとする動きが少ないというのが現状です。
昔の建物やお年寄りだけで住んでいる住宅などは、特に対策が遅れているといわれています。

これから寒くなり、火を使う機会が増えてきますので、是非こういった機会に住宅用火災警報器を設置してみましょう。
ホームセンターでもありますし、住宅メーカーでも相談に乗ってくれるところもあります。

キッチンや仏間、ストーブなどの暖房器具を置いている部屋には必ず設置し、最後に寝室にも設置を忘れないようにしましょう。

アロマテラピーなどの流行もあり、アロマポットが原因の火災も増えています。
小さなとろ火のようなものでも火災の原因となりますので、つけっぱなしで寝るような場合は電気タイプの物などを使用するとともに、火の扱いには十分に注意しましょう。