火の用心に気を付けよう!正しい暖房器具の使い方とは?

皆さん、こんにちわ プレアホームの古橋です

段々と寒くなるとしまっておいた暖房器具を出し、使用することが増えてきます。
暖房器具の種類によっては、正しい使用方法を守らなければ火災の原因となってしまいます。そういった点を含めて、正しい暖房器具の使用方法についてお話したいと思います。

●石油ストーブ
 石油ストーブは今でも人気のある暖房器具ですが、火災原因のひとつでもあります。
まず、灯油は昨年使用した残りを使用できないことを知っていますか?
語弊があるかもしれませんが、灯油は腐ります。不良灯油を使用することで、不完全燃焼や異常燃焼を起こす場合がありますので、灯油は必ず使用する直前に購入しましょう。

●こたつ
 こたつも長年愛されている暖房器具のひとつですね!
ただ、こたつという暖房器具も火災の原因になるといわれているランキングに入っています。その原因は、こたつの中に洗濯物を入れ込むという使用方法です。
衣類など乾きが悪くなってしまう冬は、こたつの中に入れてしまうという使い方は絶対にやめましょう!

火災原因となってしまう暖房器具よりも、より安全な暖房器具といえば、床暖房です。
住宅を新築する際や、床をリフォームする際にとてもオススメです!
足元があったかいと体感的な寒さが和らぎ、頭がぼーっとするような温まり方をしません。
小さいお子様やお年寄りにも配慮された暖房器具は、使い勝手も非常に好評で導入される方が増えています。
是非、リフォームや新築の際には床暖房システムを取り入れてみませんか?