本当に節約?太陽光発電は、お得なのか?

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

リフォーム工事でも新築工事でも注目を集めているのが、太陽光パネルを用いた自家発電です。
電気は貯めておくことが基本的にはできませんので(蓄電池を使えば可能ですが、とても高価!)作られた電気はすぐに使用するしかありません。
そのため、太陽光発電での利点は電気を電力会社に売るということが注目されましたが、実際に利益があるのか?という点に関しては沢山の論議がネット上にもたくさん存在します。

太陽光パネルを設置するには費用が掛かる。
地方自治体によっては設置に助成金が出る場合もありますが、基本的な感覚としては電気代の前払いみたいなイメージであっています。
毎月使用する電気に関しては自分で支払う分がなくなることもありますが、売ったお金で設置代金をペイできたら御の字といわれています。

屋根に設置する場合がほとんどですが、立地条件によっては思った以上に発電がおこなえず設置代金のほうが高くついてしまったというパターンもあります。
災害対策などで電気をある程度蓄えておきたい、自家発電をしておきたいといった場合であれば太陽光パネルの設置は非常に優秀といえます。
しかし、売電して儲けたいという考えの場合は、中々厳しいということもあるそうです。

また、機械ですので故障もあります。
もちろん修理修繕等々が発生しますし、経年劣化のためいずれは交換も必要になります。
そうなった場合、売電した価格より上回ってしまう可能性ももちろんあるわけです。ですが、しっかりとした条件が整っていれば、利益を生み出すことが可能という場合もあります。
設置を検討するには、日照条件・時間などを詳しく調べておくことがオススメです