寒がりさんに吉報?!断熱材には種類とランクがあった?

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

“"

 断熱材というと、どんな役割を持っているイメージがありますか?
日本で建築する場合、断熱材は使用して当たり前という感覚はありますが、どんな役割を持っているのかという点を知らないという人が意外と多いです。

断熱材は、家の中を快適に過ごせるようにするための建材です。家の中の温度を一定にするため、外部の温度を家の中に入れない機能を持っています。断熱材には種類があり、家の中の気密性を高める作用や機能にもランクがあります。

超極寒の豪雪地帯なのにもかかわらず、九州地方で使用する断熱材だけで家を建ててしまうと断熱材の持つ能力が低すぎてしまい機能面があっていません。建築する土地の寄稿に合わせた断熱材の適応ランクが必要になります。必要以上に断熱材を詰め込む必要はありませんが、家の中の温度変化を少なくしたい場合、住んでいる地域の断熱材ランクをひとつ上の寒い地域用に変更することがオススメです。

断熱材の素材や種類というのは沢山ありますが、長期優良住宅など様々な要因によって指定できない可能性もあります。そういった材質に関しては現場のプロに任せ、断熱材のランクアップをしたいといった点のみ伝えておけばいいでしょう。断熱材のランクを上げると多少費用が上がりますが、住み始めてからの光熱費が抑えられランニングコストが下がる可能性も考えられますので、是非建築の際は住宅メーカーに相談してみましょう!