家を建てるときによく聞く「鬼門」に水廻りが良くないってナニ??

皆様、こんにちわ[:パー:]
プレアホーム取締役工事部長の荒木裕介です

 まず、鬼門とはお家を中心を基点にして北東の場所を言います。「鬼門」という漢字のイメージも手伝って、悪い印象になっていますよね。
 しかし、鬼門に水廻りがあると何故悪いの?ということは意外に知られていないのではないでしょうか?悪いといわれてしまうのには理由があるんです!
 間取りを考えるとき、居住空間のメインとなるリビングなどは南側の陽当たりの良い場所に配置します。
 つまり、お風呂などの常に人のいない水廻りは北側に集中することになります。日本の風土を考えると北東は「寒気」や「湿気」の影響が強い方位になります。
つまり「寒い」のです。この結果、「水廻り」は「北側の寒い所」に配置されることが多くなるのです。
すると、どうなるか?入浴する際、衣服を脱いだりすると身体に大きな負担になり、「脳卒中や心筋梗塞」で倒れる事故が多く発生したようです。
 このような事から「鬼門は不吉」という事になったようです。
でも、今はどうでしょう??鬼門で起こっていた不幸は防ぐことが出来るようになっています!

 当社の建物は標準仕様で浴室暖房乾燥機がついています。お風呂に入る10分程前に浴室暖房のスイッチを入れて、お風呂と脱衣所を暖めてしまいましょう!
そうすれば、衣服を脱いだ時の負担を減らす事が出来るようになります[:オッケー:]
 風水や諺は理由がある事が多いです。昔の人の知恵をお借りしながら、良い建物にして、より良い生活をしましょうね!