家の方角にこだわり?風水を取り入れる場合の注意点とは?

皆さん、こんにちわ プレアホームの古橋です

前回、恵方巻は食べる方角がファクターであるというお話をしましたが、住宅建築においても方角を考えますよね。住宅建築の場合、日当たり以外で方角を気にするのは風水です。

風水とは、中国で発症した環境学といわれています。風水では、風流れやエネルギーの流れといった部分を重んじ、方角も非常に重要なファクターです。

住宅に関する風水で「水回りを北にしない」ということは、一番有名な方角ですね。
水回りというのは、トイレやお風呂のことになります。
こういった部分のこだわりは個人差があり、方角を気にする人気にしない人がはっきりと分かれます。気にしない場合は、自由度が100%ですが、こういった風水的な方角を気にする場合は、方角に関する縛りが発生します。
これが住宅建築においては、デメリットになる可能性があります。

住宅建築において風水を取り入れたい場合、土地購入時から間取りプランを綿密に考えておくほうがよいでしょう。風水の方角を重視したがために、家全体にデメリット面が目立ってしまう可能性もありますので、土地購入時から形状や状態、重視したい方角とそれ以外の部分もよく考慮しておくことがとても重要です。

住宅建築の際、風水方角のこだわりポイントを一覧にまとめ建築士に正しく伝えておくことが重要です。こだわりポイントは、解決策を出しやすくするために優先順位をつけましょう。また、住宅建築に風水を取り入れる場合、間取りに合わせた土地を購入という手段もあります。