家の中で起きる熱中症に要注意?!

皆さん、こんにちわ プレアホームの古橋です

最近の夏の暑さは、年々異常な気温をたたき出しています[:汗:]
熱中症は野外でなるものだと考え家の中では油断しがちですが、実際は屋内で発症することが多いといわれています。

エアコンを嫌う世代や、節約のためといって使用しないという場合は非常に危険です。
そこで、家の中で起きる熱中症対策について考えてみました!

まず、建物自体に気密性がない場合、エアコンの冷たい冷気を保つ機能がほとんどありません。
昔は夕方になれば涼しい時間帯といったものがありましたが、熱帯夜が続くなど一日中暑い日が多く湿気も多いため、とても危険です。

エアコンは、電源を入れたり切ったりすると電気代がかえって高くなってしまいます。
一旦入れた後は、28度設置にして入れっぱなしのほうがいいといわれています。
(家電は最新タイプのほうが節電効果は高いといわれています)

住宅リフォームの中でもあまり注目されない気密性ですが、大規模リフォームをする場合、断熱材をやりかえることもあります。
とても古い住宅の場合、断熱材そのものが入っていないこともあるため、入れる前と後では、冷暖房の効き具合が変わるため驚くことも多いです。
エアコンを設置しづらい場所には、長配管タイプも設置できる場合があります。

部屋全体というよりは、家全体を一定的な温度にすることがオススメです。
夏の場合は熱中症ですが、冬の場合はヒートショックという問題が発生します。
家全体を一定的な温度・湿度を保つというのは、風の流れや循環をさせることが必要です。
こういった食う風をすることで、結果的には節電にも繋がる効果があるとも言われています。
 リフォーム工事というと、見た目や機能性といった面が注目されがちですが、隙間風が酷い・冷暖房の効き具合が機器を変えても変わらないといった場合、断熱材を見直してみませんか?