子ども部屋の作り方〜その4〜

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

今回で、子ども部屋のテーマ4回目です
子どもに喜ばれる子ども部屋の作り方についてお話したいと思います[:グー:]

家を購入する時期は、子どもの成長に合わせて変わってきます。

・乳児・幼児の間に住宅を購入
一番多いパターンですね!
予定していた子供がすべて生まれた後に子ども部屋を考えたいという希望を持つ方が多くいらっしゃいます。
子どもの人数が3人以上の場合は、大きな部屋を性別で分けてしまうということが多くありますが、3人までの場合は1人4畳半といったくらいの小さな部屋を用意する方が増えてきました。
プライバシーを尊重するといった声が沢山いただきますね!

・子どもの高校入学・卒業を機に住宅購入
子ども時代(中学校まで)に個室は必要ない、という考え方のご夫婦もたくさんいらっしゃいます。
ただ、この場合ある程度頭金を貯めて住宅を購入したいからといった経済的事情のほうが多く、ならば一番上が高校入学時にといったタイミングを狙う方が多いです。
高校生ともなれば大学進学時に家を出るといった計画も漠然と考えているため、子ども部屋計画を将来的な面も含めた設計がしやすいです。

・子どもが巣立った後に住宅を購入
老後に住宅を購入するというパターンは、現在一番多くなってきたといっても過言ではないかもしれません。
どちらかというと住み替えになるため、2回目の建築という方も多いです。
子育て中の住宅を中古住宅として売りその資金を利用して、終の棲家を購入するといったパターンになります。
子育て中は賃貸か中古住宅などで住宅費用を抑え、夫婦二人の生活になった時に新築を購入するという形です。

この場合、子ども部屋という概念がないため、あくまで帰省した時に子供が使う部屋として用意される方が多いです。
客間のような扱いですが、飾り気等はなく寝ることができるくらいといった最低限の機能を持たせるだけとなります。

いかがでしたか?
子ども部屋は、使用者が子供ですので、子供の意見を尊重できる部屋づくりが望ましいとされています。
模様替えを楽しめるように自由度を高くすることで、本人が使いやすい部屋を実現できます。
壁紙や床材などは、耐傷性に優れたものを導入したほうがいいでしょう。
子どもへの自由度を増やすことが、子どもの成長に合わせた部屋づくりを可能にします。