光熱費を抑える方法は新築時がベストタイミング!

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

賃貸物件などから住み替える時こそ、絶好のLEDライトへ切り替え時期です[:パー:]
家中のほとんどの電気をLEDにすることが一番オススメです!
ただし、LEDは基本的にライトの交換がありませんので、ライトが切れた場合は「本体ごと買い替え」といった商品が多く存在します。

例えば、ダウンライトの場合、ダウンライトの中に入っている電球だけを交換するということができないタイプがほとんどです。
つまり、LEDのダウンライトが消えた場合、ダウンライト全体を交換する必要が発生します。
とはいっても、10年くらいは持つといわれているLEDですので、一見交換費用が高く感じますが、ランニングコストとして換算した場合は白熱灯よりも安いといわれています。

また、LEDライトは明るさが特徴的ですね!
LEDライトの明るさは白熱灯とは違うものの、調光機能がついていればオレンジ色から真っ白といった具合にも調整可能なタイプもあります。
シーリングライトでもお留守番機能を搭載したタイプは、防犯上の面からもオススメしています。

家を購入する場合、何かしらお金が入用な時期なので大変かと思いますが、もし家電が古いタイプを持っているようであれば買い替えもオススメしています。
その理由は「節電技術の向上が凄い」からです。凄いというよりはすさまじいと表現したほうがいいかもしれません。

新しい家に入ると同時に、家電も一式見直すことで機能も新しくなり、ランニングコストも安くなるため、こういったきっかけで家電を買い替えるというのは将来的にも、よいお買い物といえるでしょう。

こういった部分の検討も建築時にはしておくと、予算的な問題をよりリアルに算出することが可能になります[:love:]