もしも宝くじが当たったらどんな家を建てますか?

皆さん、こんにちわ
プレアホームの小峰です[:love:]

9月2日は「宝くじ日」だったそうです。ご存知でしたか?
「宝くじが当たったら♪」という想像は誰もがしてしまいますが、実際に1等当選をされた方のほとんどは新築を建てるという方が多いそうです。
確かにお金が沢山あれば豪邸もできますが、維持費も考えなければいけません。
そういったことから、定年間近の方である場合は子供夫婦と2世帯住宅を建てるという方が多いそうです。

一般的に見ると少し大きめの二世帯住宅を希望されるそうですが、あまり大きいと維持費が大変になるため豪邸というよりは普通の家というのがほとんどだそうです。

さて、実際に宝くじが当たったとして、家自体は大きくなくても、内装などこだわることがいくらでもできるわけです。
固定資産税などは土地の大きさや家の広さに比例してきますが、内装のインテリアなどは基本的に関係ありません。

内装といえば、照明器具や家具家電など色々ありますね。
作り付けの家具となると家の価値を上げてしまうものと判断された場合は、固定資産税に関係してしまう可能性もあるので実際に建てる場合は建築士など相談したほうがいいかもしれません。

ただ、そもそも内装というのは価格帯が高いものが多く、やはり少し良いもののほうが長持ちするため選ばれる方が多いです。
床材であるフローリングは、無垢材で作られたものが大人気です。
壁紙の種類も多種多様ですし、照明器具も非常に良いものが多く目を引かれますがやはり価格帯が上がってしまいます。

もし、宝くじが当たった後の新築であれば、家の大きさより「中身をより充実させる」という家づくりというのが一番オススメの手法です。

さて・・・宝くじを買いにいくぞぉ〜〜〜〜〜(笑)