間取りコラム:間取り作りのコツ ~配線編~

間取りを決めるとき、意外と住み心地に影響するのが配線です。

掃除機をかけようとしたらコンセントがなくて隣の部屋のコンセントにささなければならなかったことや、照明を消そうとしたら手前の扉が邪魔で消しにくかった、なんてことはありませんか?
小さなコンセントや照明スイッチですが、配置をきちんと計画的に行わないと、生活の中で不便さを感じることになってしまいますから、間取りを決める際に注意が必要です。

大型家電は置く場所を、小型家電はどこで使うかを考えてみましょう

配線は間取り作りの後半で決めることになりますので、部屋の配置や広さはすでにわかっています。
大型家電や大型家具の配置を考えて、間取り図に書き込んでみましょう。
コンセントがあるのに、家具で隠れてしまったということがなくなります。

家電の数とコンセントの数が合っているか

特にキッチンや、リビングのテレビ周りは家電の数が多くなるので要チェックです。
後付の食洗機の電源は大丈夫ですか?

エアコンも設置位置を考えておこう

場所によって設置できるエアコンの大きさが変わってくる場合もあります。部屋の広さにあった容量のものが設置できるかも調べておきましょう。
カーテンレールで設置できる大きさが変化することもありますので、ご注意くださいね。

小型家電用のコンセントも忘れずに

たとえば台所の場合、炊飯器や冷蔵庫、電子レンジなど毎日使う家電のコンセントは確保したのに、たまにしか使用しないミキサーなどの小型家電のためのコンセントを設置し忘れてしまうケースが多いようです。

照明スイッチは押しやすいところにあるか

照明スイッチの場所は押しやすい場所にあるか確認してみましょう。
玄関の照明スイッチが室内寄りにあると、夜帰宅した時に真っ暗な中でスイッチを探すことになり不便だとか、トイレのスイッチが開けたドアで隠れてしまう位置にあるなどです。
小さなことに思えますが、生活の不便さにつながります。

快適に暮らせるよう配線にも気を配って間取り作りをしましょう。