間取りコラム:カウンター型対面式キッチン VS アイランド型キッチン

間取りを考えた時に悩んでしまうのが、キッチンですよね。
以前は、キッチンはリビングから独立しているのが一般的でしたが、現在はキッチンをリビング内に設置するLDK一体型の間取りが主流となっていますので、キッチンもリビングの一部と考えて間取りを決めましょう。

メリット・デメリットを踏まえ、理想のキッチンへ

対面式キッチン VS アイランド型キッチンキッチンを対面にしたいのですが、
カウンター型にするかアイランド型にするか迷っています。

どちらがいいのでしょうか?

特徴をよく知り、ご自身の使い方に合ったキッチンを選びましょう。

どちらのキッチンにもメリットデメリットがあります。
見た目だけでなく、使い勝手や予算も変わってきますので、よく考えて決めましょう。

アイランド型キッチン

アイランド型キッチンとは、名のごとく、島の様にどの壁と接することなく設置できるキッチンです。
面積が広いキッチンに向いていますが、最近はLDKが一体となった間取りが多いため
選ぶ人が増えてきました。

最大のメリットは大勢で料理ができることです。
お子様やご主人と一緒に料理を楽しみたい方にはいいかもしれませんね!
また、お友達を招いてホームパーティを開きたい!なんて夢をお持ちの方は、アイランド型キッチンは最適ではないでしょうか。

また、アイランド型キッチンは、あるだけでとてもおしゃれになります!

ただ、デメリットもあり、キッチンを常にきれいにしておかなければならない事です。
壁が全くないので、散らかしてしまっていると、お客様に丸見えになってしまいます。
しかし、良い方に考えれば、きれいなキッチンに保つように習慣がつきますよ。

また、価格がカウンター型対面式キッチンよりも高くなってしまうことも、デメリットのひとつとしてあげられます。

カウンター型対面式キッチン

カウンター型対面式キッチンは、以前からとても人気がある間取りです。

対面式キッチンは、子供が遊んだり勉強している様子を、料理をしながら見守ることがきます。また、スペースを有効活用できるのも魅力的です。
家事をしながら子供とのコミュニケーションも取れるのが、対面式キッチンのメリットですね。

また、同じ対面式キッチンでも、アイランド型と違うのは、カウンターがあることです。クローズ型には及びませんが、ある程度の高さの壁があることで、キッチンの細々したものをリビング側から隠すことができます。
カウンターの高さは自分の好きな高さに設定できますので、見栄えや使い勝手などを考慮して決めるといいでしょう。

また、アイランド型キッチンよりも安価ですので、予算的にも安心ですね。

如何でしたでしょうか?
どんなキッチンにしたいか、イメージは沸きましたか?
ご希望をぜひ一度お聞かせください!

間取りのお悩みについてお気軽にご質問ください。