間取りコラム:どんな種類があるの?外壁のあれこれ

家づくりを始めると、日々の生活に直接かかわってくるキッチンや浴室などの室内住宅設備は、
「この機能がほしい!」「色はこれがいい!」とすぐにイメージや要望が出てきます。
でも「外壁」となると、イメージがわかないという方も。

では、ここで、外壁の種類にはどのようなものがあるのか見てみましょう。
外壁の種類
                                       

1.サイディング

工場でボード状に作られた外壁材です。サイディングは建物の骨格を作った後、外から1枚の壁を貼り付けて覆うイメージのものです。窯業系、合成樹脂系、金属系、木質系があり、色や柄の種類が豊富です。施工しやすいのが特徴です。

2.モルタル+塗装

モルタル壁とはラス(網状の金物)などの上からモルタル(水・砂(細骨材)・セメントを調合したもの)を左官で塗って、その上から塗装して仕上げるケースが一般的です。塗装する素材や、仕上げ方法によってさまざまな表情を作り出すことができます。

3.ALC

軽量気泡コンクリートを使用した外壁材のことで、パワーボードとも呼ばれています。
サイディングと並んで住宅の外壁によく使用される外壁材で、見た目はモルタル壁のような仕上がりとなりますが、パネルの目地が見える状態です。モルタルより亀裂が入りにくく、断熱性能も高いので、徐々に人気が出てきています。サイディングよりやや高価です。

4.タイル

タイルは、粘土や石材を細かく砕いたものを焼き固めたもので、材料自体の耐候性や耐久性は非常に優れています。耐久性やメンテナンスのしやすさは優れていますが、高価であり導入しづらい、重量があるので地震のときはがれる心配があるなどと言われてています。

次回は外壁選びのチェックポイントについてです。