間取りコラム:お家の「音」を間取りでカバー

「音」というのは日々の生活の中で気にしてしまうものの1つです。
ただ不快に思うだけでなく、皆さんの健康に被害を与えてしまうことも。
そんな重要な要因である「音」について考えてみましょう。

「音」を感じないお家へ

間取りコラム:お家の「音」を間取りでカバー
私たちは日々の生活で、落ち着いた空間でリラックスして過ごしたいと思っています。
そんな私たちの希望を実現するような間取りはあるでしょうか。
是非教えてください。

「音」こそ間取りでカバーする

「音」というものは、どうしてもその発生原因をなくすのは難しいです。
しかし、間取りの工夫次第であまり感じないようにはすることができます。

1.寝室の上は廊下にしない

お家の中で1番「音」が気になってしまうのが寝室で眠っている最中ではないでしょうか。
寝室の上には廊下を設けないようにしましょう。
ドタドタという歩く音が響くのは嫌ですよね。
寝室を最上階に設けるのも良いでしょう。

2.道路とは面さないように

外部で音が大きい要因としては「車」です。
そのため、交通量の多い道路とお部屋は面さない方が良いでしょう。
もしも、面する必要がある場合はお風呂等生活空間でない空間をあてがいましょう。

3.吹き抜けはデメリットも

吹き抜けの音の響きやすさはメリットでもありますが、人によってはデメリットにもなる恐れがあります。
吹き抜けは、よく考えてから設けるようにしましょう。

このように間取りは、音を意識しながら考えていくと後々後悔しませんよ!

間取りのお悩みについてお気軽にご質問ください。