住宅ニュース:道具不要!無料でできる防犯策とは

みなさん、防犯策は行われていますでしょうか。
センサーで点灯するライトや、窓をこじ開けるとブザーが鳴る機械など、さまざまな防犯グッズが販売されていますね。

けれど、防犯グッズを使用しないでもできる防犯策を忘れてしまっていませんか?
基本的なことですが、この機会に見直してみましょう。

1.ゴミを出しに行くときに施錠する

基本ではありますが、忘れてしまいがちですね。
つい鍵をしないでそこまで、ということ、あるのではないでしょうか。

2.ブランド物の下着は室内干し

下着は全て室内干しにしてらっしゃる方も多いかと思いますが、こちらは意外と盲点になりやすいものです。
なぜブランド物と限定するのでしょう。それは、空き巣に狙われにくくすると言うことです。
ブランド物の下着を持っているお宅には、貴金属が多くあるという統計があるそうです。
そのため、空き巣に入ろうとした場合に狙われやすくなると言うことです。

3.留守にする際はご近所に一言いっておく

ご近所の方と関係が良好な場合、留守にする際は声をかけましょう。
留守であることを知らせておけば、家の周辺をうろうろする人がいれば、怪しいと思って声をかけてくれる可能性があるからです。
犯罪をしようとしている人は、人に見られることを嫌うので、声をかけられると空き巣をあきらめる可能性が高まります。

逆にご近所から留守を頼まれ、この様な不審者を見かけた場合は、「こんにちは」 「こんばんは」などの挨拶で十分です。声をかける事が重要です。
「留守ですよ」などとは言わないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
もう当たり前すぎるとおっしゃる方もいらっしゃいますが、当たり前になってからも気をつけたいものです。