中古住宅購入時、助成金がでる!?

8月21日の日経新聞にて、政府が中古住宅購入時に必要なりリフォーム工事費用を1件当たり最大50万円を補助する制度が創設すると報じました。

対象となるのは自分で住むための住居で、住宅購入者が40歳未満
申請には専門家の住宅診断を受けていることが条件となります。
申請は、リフォーム施工業者が行い、工事代金を安くするしくみです。

これは、全国に増え続けている空き家対策、若年層の住宅負担減を狙ったものだそうです。

24日に閣議決定する2016年度2次補正予算案の概要に、250億円の事業費を盛り込む。
秋の臨時国会に提出し、成立すれば年内にも新制度が始まる。
政府は少なくとも5万戸の利用を見込んでいる。

子育て世代の住宅購入を補助して、空き家対策も行おうと言う狙いのようです。
今後の動向が気になるところですね。
日経新聞の記事はこちら>>