「お家」だけでなく「土地」も考える

お家づくりで得られる副産物

お家づくりの際は、確認事項や勉強することが非常に多いです。
しかし、どうしてもそのパワーはどんな間取りにするか、どんな工法でつくるか等の「お家」に関するものだけになってしまいがちです。
そこで、今回はお家づくりにおいて非常に重要な要素の1つである、「土地」について見ていきましょう。

地盤調査で土地の安全を確保する

土地は非常に重要なものです。
どんなに頑丈で耐震性に優れたお家をつくったとしても、地盤が緩ければお家は簡単に傾いてしまいます。
そのため土地は事前に地盤調査をしておいたほうが安心です。
特に以前、水田や湿原、湖だった土地はすることをオススメします。

土地の周りの環境も意識する

土地のみだけでなく、その土地周辺の環境を調べておくことも今後生活していくにおいては必須でしょう。
例えば、周りに自然災害が起きそうな場所はないでしょうか。
土地が周りに比べて低いために、雨の日に水はけが悪い等のデメリットも確認しておきましょう。

また、周辺の施設も確認しておきましょう。
周辺に工場や車が多く走る場所がある場合、ご自身や家族の方に健康被害が起きる可能性もありえます。

調べる手段

「お家」だけでなく「土地」も考える

では、これらの情報をどのように入手すれば良いのでしょうか。
まずは、やはり業者に聞いてみましょう。
その後はその土地周辺に住んでいられる方やお店にお話を伺いましょう。
皆さんと近い目線の情報が得られるでしょう。

また、役所に行ってみるのも良いでしょう。
その土地が以前何だったのか、周りの施設は何があるか等が分かると思います。

お家づくりについてお気軽にご質問ください。