「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が、耐久性・耐震性にすぐれ、長期のメンテナンス体制を備えた良質な住宅を、「移住・住みかえ支援適合住宅(かせるストック)」として認定。

新築購入時に「かせるストック」の認定を受けておくと、簡単な手続で、本来50歳以上のシニアが対象の「マイホーム借上げ制度」を利用することができます。
最低賃料保証・終身借上げなど安心のサポートがあり、提携ローンが利用できるなどメリットもあります。







人生のそんなときを、「かせるストック」が支えます



50歳未満でも利用可能な「かせるストック」。登録さえしておけば、急な転勤でもすぐに利用可能。安定した家賃収入をローンの返済に充当できます。


3年の定期借家契約だから、介護が不要になれば我が家に戻るのもスムーズ。実家のリフォームや介護備品購入など何かとかかる介護費用も、賃料でまかなえます。


田舎暮らしのセカンドライフの際も、マイホームの売却をせずに賃貸活用すれば、移住先の住居費用が賃料でカバー可能。老後のための資産として保全もできます。

高齢者向けの施設に入居しても、わが家を賃貸すれば家賃収入がもう一つの年金代わりになって安心。終身借り上げで賃借管理も任せられるから、さらに安心。


プレアホームで作る家の場合、「テクノストラクチャー」と「長期優良住宅」を満たしていれば、「かせるストック」に認定可能です。





1.様々な金利優遇ローンが用意

「かせるストック」を使って建築・購入される方には、協賛金融機関から長寿住宅に対する金利優遇ローン等多彩な取得支援融資が用意されています。
取扱金融機関など、詳しくは当社までお問い合わせください。


2.住宅に新しい付加価値が生まれます

「かせるストック」の認定は、その住宅が高い耐久性を備え、優れたメンテナンスによって品質が保持されていることの証です。
いつでも貸せる家=お金を産む家であることは、これからの住宅に欠かせない新しい付加価値といえます。


3.もしもの時に貸すという選択肢

「かせるストック」を建築・購入して住み替える場合は、50歳未満の方でも、それまで住んでいた住宅について「マイホーム借上げ制度」を利用することができます。
住みかえの際の旧住宅の利用に、売却以外の選択肢が拡がります。そして空き家対策にも繋がります。


マイホーム借り上げ制度利用時に優遇処置があります




1.マイホーム借り上げ制度が前倒しで利用できる

本来50歳以上が対象の「マイホーム借り上げ制度」を利用し、年齢に関係なくいつでも賃貸にすることができます。

2.貸すときの手続を簡略化できる

「貸そう」と思っても、かせるストックに認定されていないと、まずは建物診断から入ります。そうなると、転勤などで引っ越さなければならない時期と、認定の時期が重なって準備が大変になることも。
新築のときに認定しておけば、いざというときの手続を簡略化できます。

3.いったん購入した家に縛られることがなくなります

今は「夢のマイホーム」でも、子育て期、子供の独立、定年など、ライフステージが進むにつれて理想の住宅像は変化します。「かせるストック」なら、それまでの家を売却することなく資産として活用でき、住み替えなど、住まいの選択肢が広がります。
いったん購入した家に縛られることがなくなります。

また、制度を申し込み後、1人目の入居者が決定以降は、空室が発生しても規定の最低賃料を保証します(査定賃料下限の85%が目安)。
しかも終身にわたって借上げるので、安定した賃料収入が見込めます。






お問合せ



詳しい情報はJTI公式ホームページからもご確認頂けます。
http://www.jt-i.jp/





ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求