「耐震等級3」相当の強さのヒミツ

壁が強い

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定※です。
※ 1 階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

SSバリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

床が強い

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定※です。
※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

SSバリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。