SS構造体バリューとは

スーパーストロング構造体バリュースーパーストロング構造体バリュー(SSバリュー)とは、耐震等級における最高等級である耐震等級3を誇る設計基準であなたの「安全・安心な家づくり」を強力にサポートします。

建築基準法の1.5倍 「耐震等級3」相当の耐震設計とは

「耐震等級3」相当の強さのヒミツ

強さを守る設計検査体制

万が一の時にも安心な耐震補償付き住宅


建築基準法の1.5倍 「耐震等級3」相当の耐震設計SSバリューが設計の基準にしている「耐震等級3」相当は、国土交通省の住宅性能表示制度・耐震等級における最高等級であり、阪神・淡路大震災相当の地震の1.5倍の力に対しても倒壊しないレベルを表します。それは、災害時の救済拠点となる消防署や防災本部、警察署などに求められる耐震安全性と同じ、最高の基準で家を建てるということ。だから大地震にも安心なのです。


「耐震等級3」相当の強さのヒミツ強さのヒミツはどこにあるのでしょうか?
建築基準法に定められた耐震等級1と比べてみるとその違いがよくわかります。
住宅の耐震性を高めるポイントは、壁・床・基礎の強化です。建築基準法では、壁の量・床の補強・基礎配筋等の仕様において、家の形状や大きさにかかわらず、一定の基準を満たせば良いという項目が多く、きめ細かな補強策がとられていません。それに対し「耐震等級3」相当の家づくりでは、家の形状や大きさに応じて強度の不足を算出し、しっかりした補強を行うため、開放的な空間であっても安心できる、地震に強い家を実現することができるのです。


強さを守る設計検査体制SSバリューによる家づくりでは、建築会社や工務店が設計した図面を
LIXILのCAD センターにおいて、1棟ごとに構造設計CADシステムにより「耐震等級3」相当を設計検査。
お客様には設計検査報告書として「わが家のプロフィール」をお渡しします。


万が一の時にも安心な耐震補償付き住宅たとえ耐震強度の最高等級で家を建てたとしても、万が一、地震で家が倒壊してしまったら…?
SSバリューは、業界に先駆けて、万が一、地震の揺れで家が全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する耐震補償というしくみを実現しました。
万が一の時のことまで配慮した、大切なご家族と財産を守る、安心の家づくりをしませんか。


スーパーストロング構造体バリュースーパーストロング構造体バリュー(SSバリュー)とは、耐震等級における最高等級である耐震等級3を誇る設計基準であなたの「安全・安心な家づくり」を強力にサポートします。

建築基準法の1.5倍 「耐震等級3」相当の耐震設計とは

「耐震等級3」相当の強さのヒミツ

強さを守る設計検査体制

万が一の時にも安心な耐震補償付き住宅


建築基準法の1.5倍 「耐震等級3」相当の耐震設計SSバリューが設計の基準にしている「耐震等級3」相当は、国土交通省の住宅性能表示制度・耐震等級における最高等級であり、阪神・淡路大震災相当の地震の1.5倍の力に対しても倒壊しないレベルを表します。それは、災害時の救済拠点となる消防署や防災本部、警察署などに求められる耐震安全性と同じ、最高の基準で家を建てるということ。だから大地震にも安心なのです。


「耐震等級3」相当の強さのヒミツ強さのヒミツはどこにあるのでしょうか?
建築基準法に定められた耐震等級1と比べてみるとその違いがよくわかります。
住宅の耐震性を高めるポイントは、壁・床・基礎の強化です。建築基準法では、壁の量・床の補強・基礎配筋等の仕様において、家の形状や大きさにかかわらず、一定の基準を満たせば良いという項目が多く、きめ細かな補強策がとられていません。それに対し「耐震等級3」相当の家づくりでは、家の形状や大きさに応じて強度の不足を算出し、しっかりした補強を行うため、開放的な空間であっても安心できる、地震に強い家を実現することができるのです。


強さを守る設計検査体制SSバリューによる家づくりでは、建築会社や工務店が設計した図面を
LIXILのCAD センターにおいて、1棟ごとに構造設計CADシステムにより「耐震等級3」相当を設計検査。
お客様には設計検査報告書として「わが家のプロフィール」をお渡しします。


万が一の時にも安心な耐震補償付き住宅たとえ耐震強度の最高等級で家を建てたとしても、万が一、地震で家が倒壊してしまったら…?
SSバリューは、業界に先駆けて、万が一、地震の揺れで家が全壊した場合、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する耐震補償というしくみを実現しました。
万が一の時のことまで配慮した、大切なご家族と財産を守る、安心の家づくりをしませんか。