果報は寝て待て

諺の通りの意味は・・・
運というものは人の力ではどうにもできないものだから、
あせらずに時機を待つのが良いということ。

ということになりますが、寝て待っていては運も逃げてしまうと思っています。

ですから、お客様にもお話をする事が有るのですが、

「果報は練って待ちましょう」

と思っています。

住宅計画にこれを置き換えると・・・

理想をしっかりと固めて、現実に置き換えることが重要です。

土地(エリア)を決め、建物(間取り・構造)の思想を固め、資金(返済計画など)を整理する。
この3つの要素は2つが決まれば最後の一つは決まってきます。

資金⇒建物⇒土地

の順番に整理していくのが理想ですね。

そして最後に一番大事なことをお知らせします。

「決断することを決めておく」
です。

堅苦しい言葉ですが、「理想の住まいを手に入れるぞ!」という「気持ち」ですね。


お家の計画をするのは大変だと思いますが、誰でも出来るわけではありませんし、
一生に一度になる人も多いことです。
楽しく前向きに家族の笑顔を増やすお手伝いをしたいと思いますので、
お気軽にご相談くださいね。



ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求