<<前月   2017年06月   次月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
皆さん、こんにちわハート プレアホームの古橋ですチョキ


夏のボーナスに期待が高まる今日この頃、リフォーム工事のご依頼が増える時期ですね!
エクステリアの見直し工事も人気リフォーム工事のひとつです。

今年夏のボーナス、何に使いますか?

さて、今回は傾斜地に使用する擁壁についてお話したいと思います。

土地は、基本的に平らな土地であれば坪単価が高くなる傾向があります。
逆に、土地の形がいびつであったり、傾斜地が含まれているであったり、平らな土地ではないと坪単価が安くなる傾向があります。

だからこそ、傾斜地は意外と人気です。
使いようによっては、問題なく平らな土地のように使用できるのです。

ここで活躍するのが、今月のテーマである「擁壁」です。

崖っぷちに対して垂直に壁を作ることができるRC造りを採用することで、平らな面をよりしっかりと確保できます。費用はかさみますが、後々のことを考えると一番いい方法でしょう。少々斜めになり平らな面が減ってしまう間知ブロックの場合は、多少価格が抑えられるかもしれません。

「便利はいい場所にある土地だけれど、傾斜地だから安い」

こういった土地は、非常にねらい目です。
擁壁分の価格が別途かかってしまいますが、それでも「立地の良い場所」が残っている場合が多いのです。あからさまに、平らな土地じゃないと嫌だ!といってはじいてしまう前に、どんな土地でも「見ておく」ことが大切です。

有効活用できる方法は、擁壁にあり!
ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求