design 何を聞こう?


お店の外から見た様子や、ホームページなどを確認して「この会社なら相談に乗ってくれそう」というめぼしを付けたら、まずは気軽にドアをくぐってみましょう。

話をしてみないと、何も進みません。そして、最初にしてほしいのは、「家を手に入れるのに必要な経費はどういったものですか?」という質問です。

家を買おうとしたときに、土地と建物価格だけだと思っている方も多いのですが、実はその他の諸経費がたくさんあります。たとえば、印紙税や登録免許税、不動産取得税などの税金、登記費用、住宅ローンの手続き費用、火災保険料、仲介手数料、引越し費用など多岐にわたっています。
家を建てるときの総額のうち、多いと10%に及ぶ場合もありますので、ないがしろにはできません。






ここまでは、家を取得するときにかかる費用ですが、それだけではありません。住み始めてからかかる諸費用もあるのを忘れてはいけません。ここは、住宅会社によって異なりますので、しっかりと聞いておきましょう。

また注文住宅では坪単価を提示している会社が多いですが、坪単価×坪数=建築費だと安易に思わないことが大切です。建築費は本体工事費別途工事費とに分けられます。それぞれどのようなものをさすのか見てみましょう。


本体工事費基礎工事、木工事、屋根工事、外壁工事、
建具工事、内装工事など、建物を建てるためにかかる費用
別途工事費既存建物の解体費、地盤改良工事費、
上下水道引込み工事費、照明器具工事費、
カーテンエ事費、空調設備工事費、屋外電気工事費、
外構工事費など


この本体工事費だけを坪数で割って坪単価としている会社もあれば、別途工事費まで含めて坪単価を出している会社もあるので、しっかり確認することが大切です。





これらの質問に対して、「大丈夫ですよ」「任せておいてください」とあいまいな態度のまま家探しのスタートを急がせる会社は避けたほうが賢明です。必要な費用はもちろん、可能性のある費用すべてを、きちんと伝えてくれるのほうが、大きなお金が動く住宅なのですから、よいに決まっています。

建築費の内訳、諸費用の額など、しっかり
説明してくれる会社は信用できる




買い時を正しく判断するコツを聞こう

家を探し始めてすぐに希望の物件が見つかるお客さまもいらっしゃれば、なかなか見つからなくて、もう何年も探し続けているお客さまもいらっしゃいます。この差はどこから生まれるのでしょうか。

勢いでしょうか?勢いも必要かもしれませんが、それだけではありません。すぐに決まるお客さまは、優先順位の決め方が上手といえるでしょう。エリア、便利さ、環境、価格、広さ、時期などさまざまな条件がある中で、100%希望通りの物件が見つかることはまずありません。

何を採用し何を諦めるか、選択ができるということは、自分たちにとって譲れないもの、そうでないものが把握できているということ。現実が見えているということ。





そしてそうなるために、私たちのような不動産と建築のプロの話を、しっかり参考にしてくださっていると思います。

お客さまは家を購入するのは、多くても一生に片手で足りる程度の方がほとんど。逆に私たちは、数え切れないほどの物件をみています。お客さまの傾向と、自分たちの見てきた物件で、合いそうなものはある程度わかります。

ですので、ぜひ私たちを利用して、自分に合う物件を見つけてください。私たちプロがどこを見て合っていると感じているのか、聞いてみてください。物件を見ているうちに、相場観は養われますので、ご心配はいりません。

プロのテクニックを学んで相場観を養うのが
良い物件に出会える近道


「自社物件はありますか」と聞いてみましょう
プレアホームでは、家がほしいと言うお客さまのために不動産の仲介も行っています。しかし、自社で建売・注文住宅の建築もおこなっています。

お客さまが見たいとおっしゃった場合、もちろん現地にご案内いたしますよ。自社で施工しているため、使っている材料、工法も正しくお伝えすることができます。これは、不動産仲介のみの会社との大きな違いともいえます。

「自社物件はありますか」と聞くことで、仲介だけの会社か建築部門も持っている会社かがわかりますし、喜んで見せてくれるなら自社物件にも自信があるということです。自社物件ならば、建築・設計した人と直接会うことも可能。あなたは、建築した人と会える場所と会えない場所、どちらで家を買いますか?

仲介だけでなく、建築にも詳しいかどうかは大きなポイントですよ。

外観外観








ネット限定 注文住宅の間取りプラン集プレゼント

資料請求