低燃費住宅の三大性能

低燃費住宅で価値ある生活と持続可能な社会にするため日本の家づくりに改革を!

私たちは省エネ住宅先進国ドイツのノウハウを学ぶことで
グローバル基準の省エネ住宅=低燃費住宅づくりを実現しました。

1:健康性能の重要性

medical-563427_960_720-150x150冬に多くの人が家で亡くなっている日本。
寒い時期、節約のため一部の部屋だけ暖かくしているというご家庭は多いと思います。しかし、一部だけの部屋を暖かくしているとたとえば廊下と部屋には温度差が出来ます。この温度差こそがヒートショックで心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となってしまいます。実は、日本は交通事故よりも、住宅内での温度差が要因で起こるヒートショックで亡くなっています。

2:省エネ性能の重要性

osorio-wind-farm-1403824_960_720-150x150家の中も夏は暑くて冬はさむい。でも光熱費がかかるから我慢、我慢と無理を重ねてはいませんか?上がっていく光熱費は家計を圧迫します。その悩みでストレスも増えてしまう。そして、我慢をし続ける負のループに落ちてしまいます。

3:耐久性能の重要性

scaffold-1207389_960_720-150x150ローンの支払いが終わる前に老朽化で建て替えをしなくてはならない・・・
欧米諸国と比べて日本の家の寿命は半分以下。これは劣化しやすい材料を使っていることと、気密・断熱性能が不十分で家が傷みやすいことが原因です。30年程度の寿命では次の世代に住宅を資産として残すことができません。

低燃費住宅とは・・・

健康エコロジー長持ちな住宅。
・名前のとおり、少ないエネルギーでも温度・湿度を一定に保つことができる住宅です。
・私たちが重視しているのは躯体性能=建物自体の性能。
エアコンや床暖房、太陽光発電などの設備や機器に頼らず、建物だけでエコロジー・健康・長持ちを実現します。

未来の子供たちのために、この住宅を世界へ

ローンをやっと払い終わったのに老朽化で住めないのではとても悲しいです。子供や孫の世代まで長持ちする住宅にして、エネルギー消費を抑えながら、より快適で健康的に生活する。
これを当たり前にしたい。すべての方に低燃費住宅で価値ある暮らしを届けたい。それが私たちの思いです。
住宅はすべての人が必要とするもの。省エネで快適な住宅が増えれば、社会全体がより省エネで健康的で豊かになります。